2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 予報通り雨 | トップページ | 今年も »

2014年12月18日 (木)

生きてる、、

初七日の法要の後に、説教がありました
その時に、へーそんな考え方もあるんだ
と妙に印象に残ったのは

生きてる命、死んでる命と言う言葉でした
生きてるから命だと思っていたが
死んでからも、命なんだ
死んだらそこで命が終るわけじゃないんだ
と。

経の書かれているのを
坊さんが読経するのを眼で追いながら
何度も出てくる言葉が気になった
帰って調べてみたら

那由多

数の単位。
① 〘仏〙 きわめて大きい数。一千億。異説も多い。仏典では溝・兆・百万などと訳す。
② 数の単位。10の60乗。一説に,10の72乗。 〔塵劫記〕

とある。
生と死を繰り返しながら、命を紡いできている
その歴史はまさに「那由多」なんだろうな

帰りの高速道路は少し雪がちらついていました。

« 予報通り雨 | トップページ | 今年も »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うんうん・・・
仏さんの年月なんて気が遠くなるほどの長さを重ねているんだろう・・・と、
お経を聴くと思うね・・・
お経の意味を何気に解説してるのを昔々読んだことがありましたけど、
ちょっとありがたい気持ちになったりしたなぁ・・・(^^ゞ
そういうところがキリストさんとちゃうところというか、日本人に仏教が浸みているところというか・・・なのかね?(^^ゞ

無事にお帰り・・・お疲れ様でした。

kyonさん
長い年月を経て、生きる知恵と言うかそう言ったものが宗教だったりするんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 予報通り雨 | トップページ | 今年も »