2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

天候も心配した事無く

雪を心配しましたがチラチラ降っていても
積もるような雪で無く、晴れ間も見えていい天気でした。

P1120200 瀬戸大橋を通って、思ったより早く帰ってきました。

いろいろ親類が集まって、年寄りから
生まれたばかりの赤ちゃんなどを見ていると
世代交代が目で見える光景ですね
命がリレーされているんだと実感することが出来ます。

2015年1月30日 (金)

朝から雨

今日は朝から雨
久しぶりに歩いての通勤
防寒対策をしっかりして行ったので
着くころには、じっとりと汗がにじむ
テレビでは東京は雪が降っているそうな

明日は田舎に行かなくてはいけないが
天候は大丈夫か、少し心配になる

午後からも歩いてので
今日はすでに17000歩を越えた
久しぶりの数字じゃないかな
自転車だと歩数はそんなに行くことは無いから

Dsc_8851

2015年1月29日 (木)

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

リンク: 大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB].

やはり、倒産したのか。

2015年1月28日 (水)

七七忌

今週は親戚の七七忌で帰らなくてはいけない
所謂四十九日と言うやつだ
忌日表を見てみると、色々あるんだと改めて思う

初七日忌
二七日忌
三七日忌
四七日忌
初命日忌
五七日忌
六七日忌
七七日忌
百箇日忌

今読んでる本にこんなことが書いている
人の命には限りがあるが、人が生きたという事実は永遠に残る。
この事が宗教の根幹なんだろうと、勝手に思う。
それにしてもイスラム国の事件は最悪だな。

2015年1月27日 (火)

認知症、国家戦略を決定…全市町村で初期支援 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

リンク: 認知症、国家戦略を決定…全市町村で初期支援 (読売新聞) - Yahoo!ニュース.

700万人の内の一人になるのかな?

確信犯か

仕事が休みの日に、ひとりのんびり
お昼になったので、少し腹が減って来た
さて、何を食べようかと思いながら
見れば、もう何日か前にカミさんが買っていた
カップラーメンがひとつ、あるじゃないか

雨が降ってるし、出るのも億劫だから
そのカップラーメンでお昼は済まそう
そして美味しく戴いた

その夜に、夕食後カミさんが
「私が買っておいたカップラーメン知らない?」
ときたもんだ。
「食べたよ、今日に昼に」
「えー、明日私が食べようと思ったのに」

今まで、何日もそのまま放っておいて
なんで、食べたとたんにそんなこと言うかな
もしかして、無くなったのを確認して
言ったんじゃないか、確信犯か?

2015年1月26日 (月)

年賀はがき

おっ、忘れてた
そう言えば年賀はがきの抽選が終ってるはず
そう思って調べてみたら
下二桁が2枚当たっていた
昨年と一昨年は確か当たりが無かったから
今年はそれから比べると、まずまずかな

税務署からの郵送物が来た
そろそろ確定申告の時期が来た
内容は国税庁のホームページで入力して
印刷するか、データー送信するか
その案内の郵送物、要するに
人件費削減のための宣伝だろうな

Dsc_8801 牡蠣食べ放題、待ってる人で一杯だった。

2015年1月25日 (日)

さざれ石

国歌「君が代」の歌詞にあるさざれ石
Dsc_8844_01 先日、赤穂に行った時に大石神社にあったもの
知らなかった、へぇーこれがそうなんだと。
Dsc_8814 赤穂城跡も見てきました。
本当の目的は、別にあって
P1120172 牡蠣を食べに行って来たんでした。

2015年1月23日 (金)

Windows 7/8から10へ無料でアップグレード可! : ギズモード・ジャパン

リンク: Windows 7/8から10へ無料でアップグレード可! : ギズモード・ジャパン.

これはアップグレードするかどうか、検討の必要があるぞ。
今までなら、無視するところだが。

これは美味しい

麦酒にはそれほどのこだわりが無いが
先日飲んだこの麦酒は美味しかった

P1120171

ホップの香りが半端じゃない

2015年1月22日 (木)

ストリートビュー

グーグルのストリートビューを、あることで見ていると
そこになんと自分が映っていることに気が付いた

顔は看板に隠れているので、本人以外は分からないだろうが
さすがに自分の姿は嫌でもわかる
えー、いつの間に撮影されたんだ?
ある意味、世界中の人から見られるわけだ
うーん、なんだかな、、、。

P1120150

2015年1月21日 (水)

鉛筆立て

絵を描くときに使う鉛筆
使いやすいように、鉛筆立てを作ってみた
P1120170 種類ごとにある程度分けとけば、取り出すのも簡単
そんな思いで作ってみたが、多少改良の余地がありそうな
とりあえずはこれでしばらく使ってみよう。

家付きの犬

いつも職場の近くを、犬を連れて散歩してるおばあさんがいた
手押し車を押しながら、私と目が合うと会釈をするようになっていた
おばあさんの後を、ついてビーグル犬がとぼとぼ歩いている

年が明けて、その姿を見かけない事に気が付いた
あまりに寒いので、散歩してないんだろうと勝手に思っていた
先日、そのビーグル犬と思しき犬を見かけた
だが、連れているのは、そのおばあさんではない
そんな光景を何度か見かけるようになった

それが先日やっとその理由がわかった
犬を連れていたのは、そのおばあさんの娘さんだった
おばあさんは亡くなったそうで、、、、
一人住まいで、犬と一緒に住んでいたそうだ
今は、その娘さんがその家に住んでいるんで
そのおばあさんの愛犬を連れて散歩している

娘さんの事は知らなくても、犬を見てみんなが声をかける
犬のお蔭で、地域に溶け込んでいる様子
その娘さんが言うには
「この犬は、家付きの犬なんです」って。

2015年1月20日 (火)

久しぶりに見た夢

何だか少しイライラするような夢を見た
どういうわけでそうなったかは、覚えてないが
映画俳優の顔が浮かんでいるんだが
名前がどうしても思い出せない

あれ、何だったかな?
そう何度も思いながら、ちょっと不安になった
もしかしたら認知症が始まったのか、などと
その俳優が主演する映画のタイトルは
いくつか浮かんでくるんだが、、
ロッキー
クリフハンガー

違う俳優は名前がすぐに出て来たが
アーノルド・シュワルツネガー
違うな、これじゃない
うーん、なんだったかなぁ

目が覚める寸前に、突然思いだした
そうだ、シルベスター・スタローンだ
いやー、すっきりした気分で目が覚めたぞ。

とまあ、しょうもない話でした。

2015年1月19日 (月)

茨の木

またまた、さだまさしの本

茨の木 (幻冬舎文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
仕事を辞め、妻とも離婚した真二のもとに、喧嘩別れした兄から、突然父の形見のヴァイオリンが届く。難病を抱えた兄の想いをはかった真二はヴァイオリンの製作者を求めイギリスを訪れ、そこで出会ったガイドの響子に、初恋の女性の面影を重ねる。多くの親切な人に導かれ、辿り着いた異国の墓地で、真二が見たものは…。家族の絆を綴る感涙長篇。

最初の出だしからすれば、イギリスが舞台になるとは思わなかった。
ヴァイオリンが出てくるところは、さだまさしと言う感じかな。
なかなか良かった、最後真二と響子がどうなったのか気になるが、、、。

2015年1月18日 (日)

本を書いてみた

と言っても文章ではありません。
P1120106 先日読んだ本の裏表紙が良かったので描いてみました。

2015年1月17日 (土)

雪、なかった

わざわざ、比叡山坂本まで行ってみたが
全く雪は見れなかった、、残念
それどころか、雪にならずに雨が降っていた
心が折れてしまった、、、。

仕方なくとぼとぼ歩いて蕎麦屋で昼食
P1120108 まずは雨で濡れて冷えた身体を暖めなくてはと
P1120107 地酒の燗で体を温めて、蕎麦を戴いた。
雪が無いから上まで登る気は無くなってしまい
P1120122 滋賀院などを雨の中、散策する
途中雨はみぞれに変わったが積もりそうには無い
P1120120 穴太の石垣を楽しんで、早々に帰ることにした。

雪が見たい
こんなことを言うと、北国の人には怒られるかもしれないが、
そんな事を思って、今日は少し遠出でもしてみようか。
だが、夕方から町内会の集まりがあるので、早めに帰る必要がある。
比叡山あたりだと、きっと雪が見えるだろうな。

NHKで放映されている時代劇
今回は「風の峠
第1回放映を見たが面白い
原作は葉室麟
六回の放映とのことだ、楽しみである。
主題歌の泉谷しげるもなかなかいいぞ。

2015年1月16日 (金)

ちょっとしたブーム

買い物ついでに本屋で立ち読み
何だか日本酒関連の雑誌が目についた
最初に飛び込んできたのは

dancyu (ダンチュウ) 2015年 02月号

すぐ近くにもう一冊

あまから手帖 2015年 01月号 [雑誌]

少し離れたところにも

サライ 2015 年 02 月号 [雑誌]

これだけ取り上げられているのは、ブームなんだろうな。
量は少なくていいから、いいお酒を飲みたいものです。
年取れば、、、、ね。

2015年1月15日 (木)

20年

「あの日」から明日でもう20年も経過した
生まれた子供が成人式を迎えるだけの月日が流れた
そう言えば我が家だって、その日
高校の修学旅行に出かけようとしていた娘が
立派な二児の母親になっているんだから
振り返ってみる月日の流れは、早いものだと思う

さて、今朝から雨が降っている
予報によれば、どうやら一日中雨らしい
雨の日の仕事は、出かけるのが腰が重い
もっとも、雨のお蔭で気温は思ったほど低くない様だ

2015年1月14日 (水)

無いと不安

今朝は、何時もより少しゆっくりしてしまった
お蔭で最後は慌てて家を飛び出したので
途中で気が付いたんだが、携帯を忘れて来た

携帯が無くても特に困るわけじゃない
携帯に電話が来ることも、普段あまりないし
メールだってカミさんからたまにあるくらいだ

でも、いつも持ってる物を忘れて来て
何となく落ち着かないのは、気持ちのせいか
昔は携帯なんぞは無かったから
待ち合わせで、時間が遅れたりすると
相手を待たせるか、怒って帰ってしまうか

だが今は、そんな場合でも連絡が出来て
遅れる方も、待つ方もイライラせずに済む
便利なものだ、携帯電話は。

携帯電話を持ち始めたのは、振り返ってみると
単身赴任を始める時に、回線を引くよりも
携帯電話の方がどこにいても連絡できるから
そんなような理由からだったと思う。
出張も多いし、自宅に帰るのも遅かったから

今では携帯を持ってない、と言う人を探すのが
大変なくらいに普及して、公衆電話はすっかり減った
そんな時代になったと言う事なんだな。

2015年1月13日 (火)

フェルメールの闇

フェルメールと言うだけで手にとって読んだ

フェルメールの闇

内容(「MARC」データベースより)
謎深き美女に翻弄される美術研究員。それは運河の街アムステルダムで始まっていた…。純粋無垢であるはずの画家の本能としての模写、絵画の有する経済的価値に伴い、様々な人間の欲望、思惑から生まれる贋作を描くミステリ。

後半は一気に読んでしまった。
表紙を開くとあの「デルフトの眺望」があって、この絵が模写と書いてあるのでまずびっくり。
何年前だったか、京都でフェルメール展があった時に初めてフェルメールの絵を見た。その後、フェルメールフリークの福岡ハカセの公演でフェルメールの話を聞いて、それ以来フェルメールのファンになった。
別にそんな事は関係なくても、ミステリーとして楽しめる本だった。

2015年1月12日 (月)

カラオケ

毎年恒例となった、新年会
会社OBで忘年会に参加できないメンバーが新年会
とは言っても全員で四人だけだけど

鍋をつつきながら、ワイワイガヤガヤと飲んで
その後、何年ぶりになるんだろうかカラオケに
果たして声が出るんだろうかと思いながら
それでも、2時間をお互い結構楽しんだ

歌うと点数が表示される機械で
その点数が合計して「9」に近い人が勝と言う
(例えば63点なら6+3で9だけど、83点なら8+3で1となる)
旨い下手と関係なく、楽しめるようにルールーを決め
オッチャン連中が盛り上がってきました。

翌日は子供や孫が来て賑やかに
まー、早い話が孫のお年玉回収日で
これで新年の行事はすべて終了と言う訳です。

※災難は人の試金石である


2015年1月10日 (土)

すっきりした

思ったより早く、知らない人からの年賀状
誰だったのかが判明した。
あーすっきりした!
昨年途中から、同じ職場(広い意味で)に来た方だった
だけど直接顔を合わせる機会もほとんどなく
ましてや言葉を交わすことも、無いような人からの
思いもよらない年賀状は、、、、(若い女性なら嬉しいが、、、)

久しぶりに体重を計ろうとして体重計が動かない。
もう長くしまっておいたままにしていた
結局新しいのを買おうと、近くの家電量販に行くが
あまり品揃えが良くないし、欲しいのが在庫が無い
結局家に帰ってから、ネットで見てみると
良いのがリーズナブルな価格であるではないか
結局ネットで密林に注文してしまった。
正月の間に、腹回りがちょっと、、、気になる。

苦は楽の種、楽は苦の種



2015年1月 9日 (金)

獺祭

お正月に飲んだお酒の一つに
Imgp0962 獺祭がある。
以前、一度飲んでるはずだが記憶にあまり残ってなく
このたびはじっくりと味わってみた。
一言で言えば「危険な酒」とでも言おうか
飲み口が優しく、すいすいと飲んでしまいそうな酒と言える。
どんな料理にも寄り添って、自己主張することなく
それだけに、ついつい気を許すと飲み過ぎてしまう
そう言う意味で危険な酒と言えるのではないだろうか。
想像するに女性に受けそうな酒ではないだろうか。


命を知るものは惑わず

2015年1月 8日 (木)

すっきりしない

今年来た年賀状の中に、一枚あったのが
差出人の名前に、知らない名前が書かれている
宛先はちゃんと私の住所で合っているし名前も間違いない

一昨年までは見かけてない名前だから
昨年中にどこかで会った人だろうと推測して
一年間を振り返ってみるが、うーんどうしても
思い当たる節は無い。
どうもスッキリしないのが正月から続いている

ちょうどあれに似ている
話しているときに、頭の中では顔が浮かんでいるが
その人の名前がどうしても出てこない
そう、その感じが正月から続いている訳だ。

早く忘れてしまうしかない!!
あまり親しくも無いのに、年賀状出さんといてや。

迷惑するわ!

能ある鷹は爪を隠す

2015年1月 7日 (水)

新春第一弾

年明け最初はこれだ

P1120056
お正月飲んだビールの空き缶

復活

あの
ブラタモリが4月から復活
しかも今度は全国へと言うから楽しみだ。
京都が第1回目と言う事で放映された。

江戸までは遠いので中々行けないから
上方版をやって欲しいと思っていた
これからが楽しみだ。

一日一訓

失敗は成功の母である

2015年1月 6日 (火)

車中の読書

今回、東京往復の旅に持って行った本は

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)

高校入学を機に、琵琶湖畔の街・石走にある日出本家にやって来た日出涼介。本家の跡継ぎとしてお城の本丸御殿に住まう淡十郎の“ナチュラルボーン殿様”な言動にふりまわされる日々が始まった。実は、日出家は琵琶湖から特殊な力を授かった一族。日出家のライバルで、同様に特殊な「力」をもつ棗家の長男・棗広海と、涼介、淡十郎が同じクラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がる…!

舞台は琵琶湖湖畔、と言う事でちょうど琵琶湖を通過しながらの読書。
本に出てくるマキノは湖西にあってその対岸を列車で通過してきたことになる。
昔マキノは夏にキャンプで良く出かけた場所だけに、何となく懐かしい。
同じく出てくる竹生島は一度行ってみたいと思いながら、まだ行ってないところである。

そんないわば身近な舞台の物語を読みながらの旅でした。

東京駅

元旦、東京駅に行った。
P1110999 新しくなった東京駅を是非見たくて、夕方5時前に到着後外に出る。

 建築家辰野金吾が設計した東京駅のレリーフにある八つのえと
と言うのを是非とも見てみたいと思ったから。
P1120004 高い天井に確かに見える。

JR東京駅丸の内駅舎の八角形のドーム天井に、東西南北を除く八つの方角を表す8種類の動物のレリーフが飾られている。
面白いのは残りの4種類の干支はどうしたのかと言うことだ。

同じく辰野が設計した佐賀県武雄市の武雄温泉楼門に彫られた4種類の動物を合わせると十二支がそろう。
これが何とも遊び心があって面白い。


一日一訓
人に勝つより自分に勝て

2015年1月 5日 (月)

初詣

遅まきながら初詣に行く。
行く先をどこにするか、いろいろ迷っていたが
とりあえず1枚残っている18切符をどうするか。

昨年見ることが出来なかった雪景色の兼六園
もう一度チャレンジするにはあと1枚必要
で、1枚だけのが安くあれば購入して金沢へ
無ければ残っている1枚を売ると決めて金券ショップへ

結果的には残っていた1枚を売ることになる。
それも以外と高く買ってくれたので良かった。

それから清荒神へ行こうと阪急の乗り場へ
Dsc_8792 初詣パスと言うのを購入
せっかくだからと、三福まいりのコースを行くことにする
まずは中山観音へ
Dsc_8773 次に向かうのは清荒神
Dsc_8781 宝塚から乗り換えて門戸厄神へ向かう
この線はあの映画「阪急電車」でロケのあった線
宝塚南口
逆瀬川
小林(おばやし)・・ここで中谷美紀が白のドレスを着替える
仁川
甲東園
門戸厄神
映画を思い起こしながら車窓を眺めていると到着
Dsc_8789 今度は西宮北口で乗り替えて初詣は終わり
それぞれの神社で祈念品も頂き、充実した一日でした。

一日一訓
経験は知識の母である。

2015年1月 3日 (土)

明けましておめでとうございます

昨夜帰ってきました
今年は初めて皇居の一般参賀に行ってきました
それはもうすごい人でした

P1120020 並んで1時間ほど待ったころに、やっと進み始めて
帰りの列車の時間を気にしながらの参賀でした。
P1120030 前の人の頭や旗でなかなか見えない
P1120031 何とかちょっとだけ拝見で来て、参賀は無事終了
後は我が家を目指して帰りの旅路に。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »