2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 立ち葵 | トップページ | 愛嬌がある »

2015年5月21日 (木)

はじめての文学

今回読んだのは浅田次郎
知らなかったが、色々とシリーズであるんだ

はじめての文学 浅田次郎

内容(「BOOK」データベースより)
文学の入り口に立つ若い読者へ向けた自選アンソロジー。

他には
重松清
宮部みゆき
村上春樹
よしもとばなな
など

で、この本には5編の短編が書かれている
どれも面白かったが、最後に
小説とは何かとあって

文学とは何か。
文章による芸術表現である。
小説とは何か。
文学のうちの、物語による芸術表現である。
では、芸術とは何か。
人間の営みを含む、天然の人為的表現である。

と浅田次郎氏は言っている。
うーん、わかるかな?

« 立ち葵 | トップページ | 愛嬌がある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

芸術・・・
ここまで大風呂敷にしちゃうのも、どうなのかなあ。
外側のほうは、かなりの広さで「芸術的」ってやつで埋めておくとか・・・

kikuy1113さん
わかるようで、わかりませんと言う感じかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 立ち葵 | トップページ | 愛嬌がある »