2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 爪楊枝 | トップページ | 五街道 »

2015年8月17日 (月)

今さら

行く前に読むべし、と思いながら今さらながら読んでいる

浅田次郎と歩く中山道 - 『一路』の舞台をたずねて

内容(「BOOK」データベースより)

往時の姿をとどめる貴重な街道風景、古き良き旅籠の情緒、豊かな食文化―いざ、浅田次郎を唸らせた中山道の旅へ。必見!おすすめコースガイド。

早い話が小説「一路」の宣伝本的な、またはガイドブックだな。
へー、中山道って69次もあったんだとは初めて知った。
東海道53次は有名だけどね、三条大橋から日本橋まで
スタートとゴールは一緒なんだね。
今回は中津川、馬籠、妻籠と行ったが、以前には
草津も行った。この草津で別れるんだ東海道と、中仙道。
途中4Kmほど歩いたが、当時はこの街道をなんと平均十里、
つまり40Kmほど歩いていたと言うから驚きだ。

江戸時代の「一人扶持」と言うのは男子一日五合の計算と言う。
つまりそれだけ食べても、十分消化するだけの運動量だったんだ。
日本列島だって沖縄から北海道まで歩いて移動したんだから、
もちろん海は船だけどね。
一歩づつでも歩けば前に進む、人生もね。


« 爪楊枝 | トップページ | 五街道 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

昔の人は元気だった?忍耐のみ?根性のみ?いやー全部必要だったのでしぅようね!

r-marknonakaさん

移動は歩くか、駕籠か、馬か、舟くらいしかなかった時代ですからね。

そっかぁ・・・
昔のお侍さんの歩いた道は何だか深いね・・・
東海道は53次
中山道は69次・・・へぇぇ・・・
風情のある景色がHana様のブログでも垣間見れる・・・
いい写真多かったものねぇ・・・
カメラマンの腕がいい?(笑)

r-markkyonさん

何だか街道に興味が湧いてきましたね。近くでは西国街道なんてのもあるし、秋には柳生街道を歩くつもりでいますから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 爪楊枝 | トップページ | 五街道 »