2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 少し遠出 | トップページ | かおる »

2015年10月12日 (月)

火花

カミさんが友人から借りたのを先に読ませてまらってる。

火花

内容(「BOOK」データベースより)

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

言うまでもなく第150回芥川賞を受賞した作品。
以前にやはり芥川賞を取った「共食い」だったかな、
それを読んだ時 ある意味似たような感じを受けている。
結局私には所謂純文学は、どうもなじみにくいと言うことだ。
まだ途中ではあるが、そんな事を感じつつも読んでいる。

« 少し遠出 | トップページ | かおる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お~、やっぱり読むかぁ~(笑)
ワタシは文庫にならない限り読まないわ・・・
純文学・・・か・・・でも、あれって、誰が純か否かを決めるんだろ?
ん~・・・やっぱ読むのやめようかな?(笑)堅いのが・・・どうもワタシも最近合わないね(^^ゞ

r-markkyonさん

積極的に読む訳じゃなく、多少の興味と暇つぶしに読んでますわ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 少し遠出 | トップページ | かおる »